北海道で考古学をまなぶ — 北海道大学考古学研究室  Studying archaeology in Hokkaido — Laboratory of Archaeology, Hokkaido University

 

 

 

 

■北大考古学研究室では,礼文華遺跡(北海道豊浦町)の発掘調査を行っています! Our excavations at the Rebunge site, Toyoura Town, Southern Hokkaido

■教員紹介 小杉 康 Full-time Faculty – Professor Yasushi KOSUGI

■教員紹介 高瀬克範  Full-time Faculty – Associate Professor Katsunori TAKASE

■考古学研究室の院生・学生 Graduate and undergraduate students of LOA

■北大の考古学教育 学部編 Education system (Undergraduate)

■北大の考古学教育 大学院修士課程編 Education system (Master’s course)

■北大の考古学教育 大学院博士課程編 Education system (Doctoral course)

■その他の考古学関連エッセイ Essays in archaeology

■過去の卒業論文,修士論文,博士論文 Dissertations

■刊行資料 Published materials

■考古学研究室談話会 Archaeology Laboratory Colloquium

【配布資料】歴史の視座(考古学とはどんな学問か)(2019年度後期,担当:高瀬)

【配布資料】考古学(弥生文化の考古学)(2019年度前期,担当:高瀬)

 

2019年4月,北海道大学大学院文学研究科の文学院への改組に伴い,旧北方文化論講座の考古学部門を基礎として考古学研究室が新設されました。

教員4名のおもな研究対象は,時間的には旧石器・新石器〜現代,空間的には日本列島・東アジア・シベリア・北太平洋沿岸と,幅広い時代・地域をカバーする日本屈指の考古学研究室です。人工遺物や遺構の先端的分析にくわえて,動物考古学・植物考古学・民俗誌考古学のトップランナーに指導を受けることができる点でも日本では他に例がない特色ある研究室です。

高校生のみなさん,このめぐまれた環境でぜひ考古学を学んでください。文学院では時間的・経済的負担を軽減する制度も用意されていますので,社会人のみなさんにもぜひ大学院の門戸を叩いていただきたいと願っています。

岡島洞窟遺跡(石狩市浜益区,2019.3)

カテゴリー: 考古   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。