作成者別アーカイブ: admin

H29.9.30 砂沢遺跡シンポジウム @弘前

-弥生最北・東日本最古の水田の実像を追う― 当講座教員(准教授)の高瀬 克範先生が基調講演ならびにパネルディスカッションのパネリストを務めます。   日 時:平成29年9月30日(土) 13:00~17:30 … 続きを読む

カテゴリー: news | H29.9.30 砂沢遺跡シンポジウム @弘前 はコメントを受け付けていません。

H29.8.26~9.16 礼文華遺跡 第3次調査・第6シーズン

夏の恒例、今年も学生の考古学実習を兼ねた 礼文華(れぶんげ)遺跡の発掘調査が始まりました。 現地説明会は9月2日(木 ※土曜日です)午後1時~3時に行います。 場所:礼文華遺跡(虻田郡豊浦町) (最寄駅・JR室蘭本線「礼 … 続きを読む

カテゴリー: news | H29.8.26~9.16 礼文華遺跡 第3次調査・第6シーズン はコメントを受け付けていません。

H29.9.10 サイエンスカフェ札幌「鶴の今昔、拝見つかまツル!

~古文書から読み解くツルの生態~ 」 北海道大学 CoSTEP主催の第96回 サイエンスカフェ札幌において、専門研究員の久井 貴世さんがゲストとなり、人とツルの関係について語り合います。尚、聞き手を務めるCoSTEP 対 … 続きを読む

カテゴリー: news | H29.9.10 サイエンスカフェ札幌「鶴の今昔、拝見つかまツル! はコメントを受け付けていません。

博物館における写真投影法による観覧行動研究に関するデータ提供について

2016(H28)年度 修士課程2年の相良 真緒が、修士論文「写真投影法による小学生の観覧行動研究-神奈川県立生命の星・地球博物館を事例に-」を提出しました。 本調査の1次データを、他館での観覧行動研究において参考にした … 続きを読む

カテゴリー: 文化人類学・博物館学 | 博物館における写真投影法による観覧行動研究に関するデータ提供について はコメントを受け付けていません。

2016年度修士論文のデータ提供

このたび修士論文「写真投影法による小学生の観覧行動研究-神奈川県立生命の星・地球博物館を事例に-」の論文およびデータの公開が可能になりました。   文化人類学・博物館学の部屋 7.博物館における写真投影法による … 続きを読む

カテゴリー: news | 2016年度修士論文のデータ提供 はコメントを受け付けていません。

ニセコ町有島記念館「おしゃべり美術館」開催

ニセコ町有島記念館で当講座専門研究員の小坂みゆきさんが企画した、「おしゃべり美術館」「かぞくと友のものがたり」が開催されます。 2017年 7月 15日(土)~ 9月 24日(日) 有島記念館→詳しくはこちら 北海道虻田 … 続きを読む

カテゴリー: news | ニセコ町有島記念館「おしゃべり美術館」開催 はコメントを受け付けていません。

H29.7.1・2 全日本博物館学会

滋賀県で開催された全日本博物館学会 第43回研究大会において、佐々木ゼミ所属の卓 彦伶(タク・ゲンレイ/博士課程2年)が研究発表を行いました。 当日のようすはこちら

カテゴリー: news | H29.7.1・2 全日本博物館学会 はコメントを受け付けていません。

卓 彦伶

「博物館連携に関する研究動向とその実態 -1970年代以降の学会誌の分析を中心に-」 (2017年7月2日 全日本博物館学会第43回研究大会 於:滋賀県立琵琶湖博物館)

カテゴリー: 文化人類学・博物館学 | 卓 彦伶 はコメントを受け付けていません。

H29.7.16 海の宝をめぐる人と環境 海と日本PROJECT

~海の北大研究者が中高生に贈る海をめぐる夏の講演会 当講座教員の高瀬 克範先生が「世界有数の過酷な海と島に生きる~千島の歴史にまなぶ」をテーマに講演を行います。   日時:2017.7.16(SUN)10:00 … 続きを読む

カテゴリー: news | H29.7.16 海の宝をめぐる人と環境 海と日本PROJECT はコメントを受け付けていません。

北海道新聞夕刊(全道) 函館博物館企画展に寄せて

◆在野が掘り起こした「続縄文」 戦前から恵山貝塚調査 故・能登川隆さん 市立函館博物館 13日から企画展 土器や骨角器など膨大な遺物収集 市立函館博物館で開催される能登川コレクションの企画展に寄せた、6/2付北海道新聞( … 続きを読む

カテゴリー: news | 北海道新聞夕刊(全道) 函館博物館企画展に寄せて はコメントを受け付けていません。